当院では以下の対策を行っています。

・標準予防策(咳エチケット・手指衛生等)の徹底。

・風邪症状、発熱、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)等がある患者さんは隔離し、院内で診察する場合は別のルートから入退室して頂きます。

・診察時・検体採取時には防護具を着用します。

①サージカルマスク(場合によりN95マスク)

②目の防護具(ゴーグルまたはフェイスシールド)

③長袖ガウン

④手袋

・使用後の防護具等は、それによって環境を汚染しないように十分留意して外し、感染性廃棄物として廃棄しています。

・院内の密集を避け、定期的な換気を行っています。

・職員の体調管理を行っています。

※当院は帰国者・接触者外来を行っている医療機関ではありません。ご了承いただきますよう何卒お願い申し上げます。

 

それに伴い、風邪症状等の患者さんには院内トリアージを実施しています。

『院内トリアージ実施料(300点)』

新型コロナウイルス感染症拡大により、新型コロナウイスル感染症であると疑われる患者さんに対し、診察前に医師または看護師が事前に症状をうかがい、必要な感染予防策を講じた上で実施される外来診療を評価する観点から臨時的に「院内トリアージ実施料」を算定することとなりました。

なお、トリアージの実施は、風邪症状等のある全ての患者さんが対象となり、患者さんの負担割合に応じてご負担いただきます。

 

風邪症状とは・・・発熱、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)、味覚・聴覚異常、鼻かぜ、咽頭痛、その他体調不良の方